FC2ブログ

ご案内

Nikkoh のフェチブログへようこそ。

当ブログの記事内容には、男性の同性愛(ゲイ・ホモ)に関する内容 が多数含まれています。

また、白ブリーフ,白短パン,男性同士の尻叩き(スパンキング),お仕置き,管理教育,丸刈りといったフェチに関連した記事 がほとんどを占めています。

※ スパンキングについては、上記の諸要素を交えつつ、小説の創作もしています。僕の書いたスパンキングの小説(及びそれに類するもの)のリストは、http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/blog-entry-174.html です。

以上の点を、よくご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
(不快に思われる方、その恐れのある方は、閲覧しないことを強く推奨します。万一、ご覧になって不快な気持ちになられても、当方は一切の責任を負いません)

なお、軽いアダルト要素を含むので、未成年者の閲覧を禁止 します。

このブログの記事の中には、スパンキング,お仕置きを扱ったものがありますが、現実の父子間や教師・生徒間などの人間関係においての一切の体罰や暴力行為を推奨するものではありません。

このブログの記事の中には、管理教育のことを扱ったものがありますが、主に歴史的事実としての管理教育のことをアーカイブ的に伝えたり、虚構としての管理教育ネタを楽しむ意図であり、現実の教育における管理教育を推奨するものではありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GUSHpeche VOL.47 白ブリーフ』 を購入

海王社から出ている GUSHpeche (ガッシュペシェ) という BLコミック集のシリーズ。
その VOL.47 が、白ブリーフ の特集と言うことで、僕も購入して読みました。

GUSHpeche 47 特集 白ブリーフ (海王社のサイト)



ページ数は250ほどで、8作品が掲載されています。

1.ギリでも兄弟 (天城れの) 
「義理でギリギリな兄弟のラブ&エロス!」
(再婚夫婦の連れ子どうしのお話)

2.天使のパンツはいいパンツ (大月クルミ)
「再会したアイツのパンツは衝撃で……!!?」
(看護師になった親友と、偶然再会する話)

3.君のお気に入りが気に入らない! (川嶋すず)
誰がなんと言おうと白ブリーフ最高!!
(ルームシェアしている学生のお話)

4.男やもめは甘くて苦い (緑々)
マジメで憧れの係長が、双子の新米パパだった――!!??
(男手一つで双子を育てる上司の家でお泊まりするお話)

5.犬も食わぬ (袴田なつき)
ラブラブなカップルにパンツ問題勃発!?

6.優しくされたい (麻生くま)
普通のHじゃイケない大家さんを愛する方法

7.白くて危ういオトナの階段 (藤峰式)
カラダは大人、パンツは白ブリ。

8.秘密のメタモルフォシス (福嶋ユッカ)
大学の同級生でイケメンの秋月と平凡男子の青山。接点のなかった2人だが、秋山の秘密を知ってしまい――!?

ご覧の通り、いろいろな作品が掲載されているわけですが、どれも 白ブリーフ を主題としているという共通点を持っています。
これだけずらりと並ぶと、フェチにとってはたまりませんね。
(これこそが、 GUSHpeche シリーズの意図するところなのでしょう)

以前、拓ヒラクさんの『ブリーフ男子』のレビュー のときにも書いたのですが、僕は基本的にセックスには興味が無くて、セックスの描写は苦手です。
そのため、この本の場合でも、セックスのシーンはさらっと流すような感じで読むだけになります。
ではどこを楽しんでいるのかと言えば、それ以外の場面であり、そこで描かれていない部分も含めて勝手に膨らませていく妄想(笑)ですね。
もちろん、白ブリーフが描かれているコマは、存分に見つめます。それは、言うまでもありません。

収録8作品の中で、あえて一番好きな作品を挙げるとしたならば、
『3.君のお気に入りが気に入らない! 』を選ぶことになりそうです。
周りが何と言おうと、白ブリーフにこだわり、白ブリーフを穿き続ける。
僕自身がまさにそうなのですが、ブリーフ派の中には、とことん白ブリーフにこだわって、根強く愛好し続けている方も多くいらっしゃいます。
「誰がなんと言おうと白ブリーフ最高!!」 という台詞は、僕らの思いを代弁したものともいえるでしょう。
そんな、白ブリーフを心から愛する男子を描いてくれた本作を、選びたいです。

興味を持たれた方は、ぜひ、手に取ってみてください。
(電子書籍版もあるようです)

[T高・学生寮] 夜の面接でのこと

『夜の面接でのこと』

部屋替えが行われると、その次の週には、寮のそれぞれの階で《夜の面接》というものが行われるのがならわしであった。
午後11時半の消灯時間に、階のフロア長の部屋へ集合して、たいていは1時間から1時間半くらいにわたって行われるのだった。
下級生を支援する立場のフロア長や副フロア長にとっては、自分の階で生活することになったメンバーについて知る機会となる。
また、下級生にとっては、同じ階で生活することになった仲間との親睦を深めるためのものとなる。
進行の仕方は、集団面接そのもので、下級生への質問が次々と出される。質問をするのは、たいていは副フロア長であった。
最初は、名前や学年などが訊かれ、しだいに込み入った話になっていく。
夜の男子寮である。性的な質問も当然ながら増えてくる。
たとえば、「初打席は何歳か?」とか「連続打席数は?」とかいった、遠回しな訊かれ方をすることも多かった。
もちろん野球のことを訊かれていているのではない。
前者は精通のこと、また後者は自慰のことだということは、話の流れから明白であるし、皆わかっているのだった。
こういった質問に答えるのは恥ずかしいものだが、他の奴らが何と答えるかには興味津々であった。
必ずしも正直に答えているわけではないだろう。それも皆が分かっていることだ。

Yくんの領域へ立ち入り、初めて彼の白ブリーフを確認したその日の夜。
奇しくも、僕らが夜の面接を受ける順番であった。
階の人数から、一度に全員で面接をすることは出来ない。そこで、階を半分に分けて、2日間で実施していた。
午後11時半になると、僕の部屋を含めた3つの部屋の寮生が、フロア長の部屋へ向かう。
フロア長は2人で、副フロア長も2人いる。そして、下級生は8人なので、総勢12人が一部屋へ集まって、面接開始となった。

1つ目の質問は、とりあえず「名前と出身中学校」であった。
下級生が順に答えていくと、副フロア長はそれをノートに記入していた。記録もきっちり作られるのだ。

「じゃあ次。学年・クラス。パンツの色」

副フロア長が告げた2つ目の質問は、何とも不思議な取り合わせであった。
いったい、どういう意図で、この質問をこのタイミングに入れたのだろう。それは今でも分からない。

僕は、表面上は平静を装いつつも、内心ではものすごくドキドキしていた。
その大きな要因は、羞恥心である。何しろ、自分が白ブリーフを穿いていることを皆の前で明言しなければならないのだ。
ただ、その状況に置かれているのは僕だけではない。そのことを僕はすでに知っていた。

(Yくんは、今どんな心境だろうか。何て答えるんだろう)

そんなことを考えていると、ますますドキドキしてくるのだった。

回答順は、Yくんが4番目で、僕がその次の5番目であった。

僕がドキドキしている間に、最初の回答者である、隣の部屋のIくんが、

「1年C組で、青色です」

などと普通に答え、やはり副フロア長がメモを取っていた。
Iくんは僕と同じクラスで、トランクス派だった。確かに、青系統のものを穿いていることが多かった。

「1年D組で、緑色です」

「1年A組で、黒色です」

淡々と答えが続く。
特に盛り上がることもなく、すぐにYくんへ順番が回ってきた。

「1年B組……えっと……何でしたっけ?……」

学年・クラスを告げた後、Yくんは質問を訊き直したのだった。

(ああ、やっぱり恥ずかしいよなぁ……。動揺したんだろうなぁ……)

副フロア長は、少しだけ呆れたような感じで、

「ったく、ちゃんと聞いとけよな。パンツの色!」

と返し、いよいよYくんは、答えざるを得なくなった。
もちろん、ここで適当に青とか赤とか答えることだって、別にできる。Yくんはどうするだろうか。
僕は、きっと正直に答えるだろうと予想していた。もし適当に答えるならば、最初からそうすればよかったのだから。

「………白……」

予想通りであった。Yくんと僕のズボンの中にあるのは、白い綿の生地。
Yくんはその色を正直に告げたのだった。

「白ブリ?」

先ほどから変わらない静寂の中、淡々とした口調で、副フロア長は、追加の質問をしてきた。
白という答えは、あまり想定していなかっただろう。

「……は…はい……」

顔を少し赤くしながら、小さな声で返事をするYくんであった。
副フロア長はやはりノートにメモを取るのだが、最初の3人の時は色だけを書いていたのに対して、Yくんのところには『白ブリ』と書き込んでいた。
こうして文字にされると、恥ずかしい感じが強まるので不思議なものである。

次は僕の番だ。
「白」と答えるか「白ブリ」と答えるか。一瞬だけ迷ったのだが、あくまでも、訊かれたのは“色”である。

「1年C組……白です……」

特に大きな反応があるでもなく、副フロア長は先ほどと同様の淡々とした口調で、

「白ブリ?」

と問う。
僕が肯定すると、ノートに再び『白ブリ』という文字が書き込まれる。

「この部屋は《ブリーフ部屋》だな」

不意にフロア長がこんなことを言うと、少しだけ笑いが起こった。

次の回答者は、僕やYくんと同じ部屋で、2年生のKくんであった。

「2年E組。赤色」

ここで、副フロア長が真面目な顔をして

「赤ブリ?」

と訊ねると、一同は笑いに包まれた。

Kくんも笑いながら、

「いやいやいや、俺はトランクスっすよ~」

などと答えていた。

平成15年のこと、一般的には、トランクス派が圧倒的な多数であった。
だが、僕とYくんが同じ部屋になったことで、《ブリーフ部屋》が形成された。
その部屋の中では、トランクス派のKくんが逆に少数派になってしまうから面白いものだ。

僕もまた白ブリーフを穿いているのだということを、Yくんは知ることとなった。
まさか、ルームメイトが白ブリーフ派だとは、僕も思いもよらなかったが、Yくんも同じだっただろう。
とはいえ、それを知ったからといって、別に何事も起こらなかった。
干し方も、お互い変わらずに、ずっとシャツで囲っていた。
夏場であれば、下着の見える機会も多そうだが、あいにくの秋冬である。
ごくたまに、着替えの時にちらっと見えることがあって、それは至福の時だった。

Yくんが部活に行っている時間帯などに、領域へ立ち入っては干された白ブリーフを見たり触ったりはしていた。
スリルと背徳感に満ちたこの行為は、決して褒められたものではない。
だが、そのスリルと背徳感ゆえか、これが同年代の自然な白ブリーフ派とふれあった最後の機会だったためか、あのYくんと同じ部屋で過ごした半年間のことは、今でも忘れられない。

ところで、この夜の面接で、僕とYくんがブリーフ派だということは、階のメンバーには周知の事実となった。
ただ、だからといって、別に何事も起こらなかった。
みんな大人だった。

僕とYくんのところに、『白ブリ』と記されたノートは、あの後どうなったのだろう。
もはや叶わないことは承知しているが、もう一度あのノートを見てみたいと、今でも思っている。


■ ひとまず、これにて完結

前話 (囲われし彼の白ブリーフ)



[T高・学生寮] 囲われし彼の白ブリーフ

『囲われし彼の白ブリーフ』

木曜日の授業が終わると、僕はすぐに寮の部屋へ戻った。
部屋には誰もいない。
YくんもKくんも、部活に行っているのだろう。

荷物を置くとすぐに、一続きの部屋のYくんの領域へ入った。

Yくんも僕と同じように、洗濯物を部屋干ししていた。
洗濯ばさみのぶら下がった小物干しハンガーが3つある。

一番手前のものには、アウターを中心に干されていた。
次のハンガーにも、下着は干されていなかった。

目につきづらい一番奥のハンガーには、白い布が干されていた。
期待しながら近寄ると、それは白い肌着のシャツであった。

ちょうど外側を囲むようにして干された3枚の白いシャツは、なかなか着込んだもののようであった。
パンツが干されているとしたら、もはやこの内部しかあり得ない。
この干し方は僕と同じだ。
僕は、シャツや他の服などで囲むようにして白ブリーフを干していた。
もちろん恥ずかしさからである。
きっと、Yくんも同じことを考えたのに違いない。

歴史ある名店の暖簾をくぐるような思いで、胸を高鳴らせながら、白シャツに手をかけてめくり上げる。
白布で囲まれた空間もまた、白一色であった。
期待に違わず、Yくんは白のブリーフを穿いていたのだった。

ブリーフは3枚あり、いずれも、側面一カ所を洗濯ばさみで夾まれて、吊されていた。
そっと1枚に手をかけて、じっくりと見回す。
側面や尻の部分など、さすが洗濯されたもので、きれいに真っ白になっていた。
ただ、フロント部分の裏側、いつもYくんの大切な砲身を包んでいる部分だけは、自然な黄ばみがあった。
おそらく、中学の頃から穿き込んだものなのだろう。
そして、何度も洗濯を重ねてきたものであるに違いない。
裏側のタグの部分を調べると、グンゼ製の 160cm サイズのものであった。
長身のYくんには、些か小さいのではないかとも思ったが、体型は細身でひょろっとした感じだったから、問題ないのだろう。

残りの2枚も、同じようにして観察していく。
やはり、フロント裏側だけは自然な黄ばみがあり、いずれも 160cm サイズのものであった。

目で見て、手で触れるだけでは気持ちが収まらず、僕はYくんの白ブリーフに鼻を近づけてみた。
あの黄ばんだフロント裏側も含めて、洗濯された後らしく、良い香りであった。
できるならば、Yくんの白ブリーフを穿いてみたいとも思った。
だが、さすがにそこは踏みとどまった。

Yくんのベッドの下には、洋服を仕舞うためのケースが置かれていた。
罪悪感に苛まれながらも、僕はそのケースを開けて、中を見た。
下着類は入っていなかった。
干されている3枚に、今日まさに穿いている1枚を加えて、合計4枚の白ブリーフで回しているのだろう。

時はすでに 21世紀 である。高1で白ブリーフを穿いている者は、すでに稀少価値となっていた。
そんな中で、白ブリーフを穿いている稀少な2人が、寮でルームメイトになるなどということが現実に起ったのである。
考えれば考えるほど、これは奇跡に近いことなのではないかと思えてならなかった。

DSC00839改 DSC00837改 

写真はイメージです。
実際には、僕もYくんも、白シャツで囲われた中に、白ブリーフを干していました。


次話 (夜の面接でのこと)

前話 (部屋替えと魅惑の曲線)




[T高・学生寮] 部屋替えと魅惑の曲線

『部屋替えと魅惑の曲線』

T高の学生寮では、前期と後期で部屋が替わるシステムをとっている。
このときに、少しの移動で済むか、大幅に移動しなければならないかは、運次第である。
荷物の移動のことなど考えると、基本的には、少しの移動で済む方が良い。
僕は幸いにして、同じ棟の同じ階で、わずか3つ隣の部屋への移動となった。

移動先の部屋も、前期と同様の3人部屋であった。
新たなルームメイトとなったのは、2年生のKくんと、1年生のYくんである。
3人部屋だが、中央よりも右側寄りのところに、薄い仕切りが設置されている。
仕切られた右端の区画には上級生のKくんが入り、左端が僕,中央がYくんの居住場所となった。
Yくんはなかなかの長身で、サッカー部に所属していた。メガネをはめ、寡黙で真面目な男であった。

部屋替えからまだ間もない水曜日の夜のこと。

僕が寝ようとしてベッドに入ると、その視野の中に、一足先に床に入っていたYくんの姿が入ってきた。
Yくんは、顔を薄い仕切りの側に向けて、右体側を下にするように、足を曲げて寝ていた。
こうすると、ちょうどこちらへ尻を突き出すような形になる。

十数秒のうちに、僕はジャージ・ズボンにうっすらと浮き出たブリーフラインを見いだした。

思いもよらず、突然出会った魅惑の曲線に、僕の目は釘付けとなった。
しばらくの間、ひたすら静かにYくんの尻を見つめ続けた。

23時半。消灯時間を迎え、部屋の電気は消される。
だが、想定外の発見から完全に興奮状態となった僕は、眠ることが出来ず、ベッドの中で横たわっているのみであった。
脳裏には、先ほどまで目の前にあったYくんの尻。もはや、僕の頭の中には、あの魅惑の曲線のことしかなかった。

(Yくんもブリーフ派なんだ……。僕と同じだ……。仲間だね)
(色は何色かなあ。白かな。白だと良いな。白ブリーフ……。僕と同じ真っ白のブリーフ……)

気付くと、自分の穿いている白ブリーフを撫でていた。
もちろん、脳内では、Yくんのブリーフをやさしく撫でているのである。
やがてそれでは飽き足らなくなり、左手は己の白ブリーフの中へと入っていく。
既に最大限に膨れた竿の先端を、皮の上からやさしく触る。
得も言われぬ快感が走り、白い溶岩が流れ出た。


次話 (囲われし彼の白ブリーフ)

続きを読む

『毎度おさわがせします』(第9話)の白ブリーフ情報

ドラマ 『毎度おさわがせします』 の白ブリーフが映るシーンについての情報をお伝えするシリーズです。
今回は、第9話  の分を紹介します。

第1話の分は、こちら をご覧ください。
第2~3話の分は、こちら をご覧ください。
第5話・第8話の分は、こちら をご覧ください。

毎度おさわがせします DVD-BOX毎度おさわがせします DVD-BOX (2004/10/29) 中山美穂、篠ひろ子 他 商品詳細を見る

1. 温水プールの脱衣室


第9話の舞台は、熱海です。
大沢家・森家・佐野倉家 が、勢揃いで熱海のホテルへやってきたのです。

開始から21分ほどのところ。
徹と祐介と良太のトリオが、ホテルにある温水プールの脱衣室で、体を拭いているシーンがあります。
3人とも、白ブリーフ一丁です。
このシーンは、大変有名なようですね。

maido09_01.jpg


2.白ブリーフ一丁でホテルじゅうを駆け回る!

脱衣室の3人のところへ、森のどか(中山美穂)がやってきます。
手には、タバスコの入ったコップ。
のどかは、無言で徹へ近づくと、ブリーフの腰ゴムに手をかけて引っ張り、徹のケツへタバスコをぶっかけます……。

maido09_02(1).jpg

あまりの痛さに、尻に手を当てて苦しむ徹。
そのまま駆けだして行ってしまいました。

maido09_02.jpg

maido09_02(3).jpg

祐介と良太も、白ブリーフ一丁のままで、徹を追いかけます。

maido09_03.jpg

maido09_04.jpg

祐介が、徹の両親のところへ知らせに行きます。(もちろん白ブリーフ一丁のまま)
両親もあわてて部屋をでて、徹を探します。

maido09_05.jpg

maido09_06.jpg

maido09_07.jpg

父の誘導で浴室へ到着した徹は、無事にタバスコを洗い流すことが出来て、めでたしめでたし。

maido09_08.jpg

のはずだったのですが、実はそこは女湯だったというオチがついたのでした。

maido09_09.jpg


--------------------

今回分は以上となります。
個人的には、たいへんお薦めの回です。動画で見るとより一層楽しめるとも思います。
興味を持たれた方は、DVDを購入するなどして動画でご覧になってみて下さいね。
次はいよいよ、最終話をご紹介予定です。
ダラダラとやってきましたが、終わりが見えてきました。

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、20代後半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。