FC2ブログ

ご案内

Nikkoh のフェチブログへようこそ。

当ブログの記事内容には、男性の同性愛(ゲイ・ホモ)に関する内容 が多数含まれています。

また、白ブリーフ,白短パン,男性同士の尻叩き(スパンキング),お仕置き,管理教育,丸刈りといったフェチに関連した記事 がほとんどを占めています。

※ スパンキングについては、上記の諸要素を交えつつ、小説の創作もしています。僕の書いたスパンキングの小説(及びそれに類するもの)のリストは、http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/blog-entry-174.html です。

以上の点を、よくご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
(不快に思われる方、その恐れのある方は、閲覧しないことを強く推奨します。万一、ご覧になって不快な気持ちになられても、当方は一切の責任を負いません)

なお、軽いアダルト要素を含むので、未成年者の閲覧を禁止 します。

このブログの記事の中には、スパンキング,お仕置きを扱ったものがありますが、現実の父子間や教師・生徒間などの人間関係においての一切の体罰や暴力行為を推奨するものではありません。

このブログの記事の中には、管理教育のことを扱ったものがありますが、主に歴史的事実としての管理教育のことをアーカイブ的に伝えたり、虚構としての管理教育ネタを楽しむ意図であり、現実の教育における管理教育を推奨するものではありません。

自撮り写真集2017 「 ブリチラ / 腰ゴムチラ 」篇

自撮り写真集2017 「ブリーフライン」篇 の続編です。

今回は、「ブリチラ」と「腰ゴムチラ」 に焦点を当ててみましょう。

まずは、「ブリチラ」から。

ブリチラ1 

ブリチラ2 

ブリチラ3

小・中と体育の時間に穿いていた白の短パンは、股下が大変短く、ブリチラは発生しやすかったです。
意識するようになったのは小5~6以降ですが、このブログですでに何度も書いている通り、中学へ進んでからのほうがブリーフ率が高かったので、中学時代の印象がたいへん強いです。

ブリーフ派の子が目の前で体操座りなどしていれば、彼の白短パンの股から覗く、魅惑の白三角(=白ブリーフの布地)をさりげなく堪能していました。
腹筋運動の補佐などで、足を支えるときも、さりげなく視線を股へ持っていっていました。

体育の授業だけでなく、部活のときも、ブリチラを堪能する機会が多くありました。
部活動は吹奏楽でしたが、腹筋や背筋などの筋トレもやっていたのです。もちろん、体操服に更衣のうえで。
男子は少ないので、先輩や後輩と組むことも多くありました。
「○○先輩は今日もブリーフかなー」などと、チェックしてみたり。
(とても仲良くしていた先輩なんですが、ずっと白ブリ穿いてました。真面目な方でしたし)
新しく中1の子が入部してきたら、ブリーフ率をリサーチしてみたり。
(2つ下の後輩でも、50%は超えていたと思います。すごいですよね)

こういうことをするときには、「見えてしまう」という体(てい)を取っておかないといけないのは言うまでもありません。
あまりジロジロ見てしまったり、不自然な動きをしたりすれば、感づかれてしまいます。
ブリチラの場合は、正面からなので、リスクは大きいです。




続いては「腰ゴムチラ」です。

これは、体操シャツと短パンの隙間から、白ブリーフのゴムがちらりと見えるというものです。

K中では、体操シャツの裾は短パンの中へ入れるよう徹底されていて、みんなきちんと《 裾はIN! 》を実践していました。
きちんと裾を入れていないと、逐一指導が入るので、当然と言えば当然ではあったのですが。
そのため、基本的にゴムチラが見えることは少なかったです。
ゴムチラが見えるとすれば、運動の最中に、身体の動き方の兼ね合いで、入れていたはずの裾が出てしまったときということになります。
もちろん、裾をきちんと入れておかないと叱られますから、出てしまえばすぐに入れ直すことになります。
この、出てしまってから入れ直し作業が行われるまでのわずかな時間にだけ、ゴムチラを見ることができるのです。
そういう次第で、ゴムチラは、ブリチラやブリーフラインに比べて稀少価値でした。

腰ゴムチラ1 

腰ゴムチラ2 

腰ゴムチラ3 

ゴムチラの場合、下から、白短パンの布地(綿ポリ) → 白短パンのゴム → 白ブリーフのゴム → 肌 → 体操シャツ という順番に細かく移ろっていくわけですが、これもかなりエロさがありました。
ブリーフラインはラインとシルエットだけが見え、ゴムチラはゴムの部分だけが見えるのですが、どっちも、チラリズム的なエロさがあったということなのでしょう。

今回は以上です。

自撮り写真集2017 「ブリーフライン」篇

しばらく前のこととなりますが、Twitter で繋がっております ヨナガ @akinoyonaga 氏 と交流させていただく機会がありました。
そのときに、写真をたくさん撮影いたしまして、折角ですから、このブログでも少しずつご紹介していきたいなあと思っています。
(掲載に関して、ヨナガ氏にも快諾いただきました。ありがとうございました)
この記事は、その第1弾です。

もちろん(?)、僕のフェチの原点ともいえる、中学時代の体育の扮装で撮影しました。
白の体操帽子,白の体操シャツ,白短パン,白ブリーフ,白靴下。完全白装束です。
※ 御参考 → [K中シリーズ] 体操服と下着のこと 

もっとも、白ブリーフは、(幼少の頃から一度も浮気することなく)ずーっと穿いています。
また、白短パンは、夏の部屋着として使ったりしているので、今でも使用頻度は高いです。

でも、白靴下はもう履くこともなくなっていて、すごく久しぶりに履きました。

被写体は、一部だけヨナガ氏と一緒に写っているものもありますが、基本的には、貧相な体躯の僕ばかりです。
それを承知の上でご覧くださいね。

今回は、「ブリーフライン」 に焦点を当ててみましょう。

[K中シリーズ] 体育の授業と級友の白ブリーフ でも書いたりしていますが、
「体育の授業中、ふと目の前にいる級友に目をやると、彼の白短パンにはブリーフラインがくっきりと浮かんでいる」
ということが、まず1回の授業の中で最低でも1回はありました。
中学時代の日常の光景でありながら、飽きると言うことは決して無く、いつもいつも味わっていました。
モロに見えると言うよりも、透けて見えるというのが、なんともエロスティックですよね。

ブリーフライン0

ヨナガ氏と二人で、仲良くブリーフラインを出している画です。
右側=僕が穿いているのは、綿ポリ(綿+ポリエステル)の短パン。K中の指定のものもこれでした。
左側=ヨナガ氏が穿いているのは、ナイロンの短パン。
比較してみてください。

僕はきちんと体操シャツの裾を短パンの中へ入れていますが、
ヨナガ氏は、体操シャツの裾がだらしなく外へ出ています。
これは、K中では御法度で、体育の先生に結構厳しく叱られて、すぐに入れさせられます。
やんちゃな奴でも、裾はちゃんと短パンの中へ入れていましたね~。
シャツ IN 率 100% でした(笑)




ブリーフライン1 

立った状態で、少しお尻を突き出すと、ブリーフラインが浮かびます。
準備体操のときとか、結構、ブリーフラインが出ますよね。
あと、野球やソフトボールの守備のときとか、こういう体勢になりますね。




ブリーフライン3 

先ほどの写真と体勢としては似ていますが、こちらは膝を閉じたバージョン。
体育の授業の前の柔軟体操で、このポーズになるのがあったんです。
この写真のような状態で、膝をぐるぐると回す。
そうすると、お尻も動いて、意図せず “お尻振り振り” しているような感じになります。
ブリーフラインもくっきりです。
これを二列横隊や四列横隊でやったりすると、前のヤツらのを見放題でした。
最前列だとハズレですね(笑)




ブリーフライン2 

体育の時間の定番の座り方は、お尻をぺたんと地面に付ける “体操座り” ですが、
この写真のような立て膝をすることも、ありました。
ブリーフラインは、うっすらと、自然に浮かびますね。




クラウチングスタート

陸上競技の短距離走などで使われる、“クラウチングスタート” は、ブリーフラインが出まくりです。
順番にスタートを切っていくのを、後ろから見ていると、実に良い光景でした。

今回は以上です。

テニスのウィンブルドン選手権、下着も真っ白のみ!

たいへん興味深いニュースのご紹介です。

「全身白」のウィンブルドン、ジュニア選手に下着はき替えを強制

【7月14日 AFP】選手の服装は「全身白」と定めるテニスのウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)で、黒や青の下着を着用してコートに登場したとして、男子ジュニア選手4人が大会を主催するオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(All England Lawn Tennis and Croquet Club、AELTC)のルールと衝突した。

ジュニアの男子ダブルスに大会第1シードとして出場したゾンボル・ピロシュ(Zsombor Piros、ハンガリー)/イービン・ウー(Yibing Wu、中国)組は、それぞれ青と黒の下着を身に着けていたとして、主催者側からコートサイドで白の下着を手渡され、ロッカールームで着替えるよう命じられた。対戦相手の一人だったブラジル選手も同様に着替えを求められたが、グレーの下着は許容されるべきだと主催者側に抵抗した。

ピロシュは試合後「私たちは着替えたけど、ブラジルの選手は最初、グレーは大丈夫だと言って断っていたんだ。彼は結局30分くらいコートからいなくなったから、試合を始めるのにすごく長い時間がかかってしまった」と説明した。
その日の試合は勝利したピロシュ/ウー組だったが、新調した白の下着を身に着けて挑んだ翌日の2回戦ではセバスチャン・コルダ(Sebastian Korda、米国)/ニコラス・メヒア(Nicolas Mejia、コロンビア)に敗れている。

すでに出場していたシングルスの試合では、よりカラフルな下着をはいていたというピロシュは「青と黒のパンツは、私たちにとってラッキーパンツなんだ。白の下着を身に着けなくてはいけないと示すものは何もなかったし、青の部分が少し見えていたというだけで捕まってしまった」と不満を漏らした。
「何も言わない審判もいた。きっと彼らは下着のことに集中したくなかったんだろうね」

その一方でピロシュは、大会側から提供された替えの下着は非常に快適だったといい、「彼らは返してくれなんて頼んでこなかった」、「またここでプレーするとしたら、青と緑ははかないよう覚えておくよ」とコメント。しかし、今回のアクシデントを不快には思っていないようで「なんとなく面白いなとは思うよ」と話している。

また13日には、オーストリアのユーリ・ロジオノフ(Jurij Rodionov)も、白のウエアの下に青のボクサーパンツをはいて18番コートに到着した際、下着を替えるよう求められている。

2013年大会では大会7勝のロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が、オレンジのソールのシューズ着用を禁止されるなど、ウィンブルドンはこれまでもファッションのルール違反を厳しく取り締まってきた。


※ 以下のサイトからは、ニュースの動画が見られます。
 
  The color of underwear has become an issue at Wimbledon again as 3 players were forced to change during matches

  ウィンブルドンの白ブリーフ画像と動画!白いウェアである理由は?

このウィンブルドンのドレスコードについては、2~3年前にニュースが出ていて、知っていました。

下着についても、

9) Any undergarments that either are or can be visible during play (including due to perspiration) must also be completely white except for a single trim of colour no wider than one centimetre (10mm). In addition, common standards of decency are required at all times.

9)プレイ中に見えるまたは見えるかもしれない下着は幅1センチ以下のトリム以外は白であること。汗により見える場合も含まれる。さらに、常識的な品性をいつも保つこと。

と規定されています。
しかしながら、ここまで厳格に運用されているとは、思いませんでしたね。

僕の中学時代、学校の規則通りにすると、男子の体育のときの服装は、上から下まで完全に白装束でした。
  • 白の体操帽子
  • 白の体操シャツ
  • 白の短パン
  • 白のブリーフ
  • 白の靴下
  • 白の運動靴
ブリーフについては、規則はあったもののそこまで徹底されていたわけでもなく、柄のトランクスを穿いている者も結構いました。
しかし、中3になってもおよそ4割程度は真面目に白ブリーフを穿いていて、まさに、 “Must be completely White” を実践していたわけです。

そんなこともあって、このニュースは僕にとってはかなり萌えるもので、いろいろな妄想も膨らんでおります。
ウィンブルドンの、伝統を重んじるというのは良いですよね。この路線で突っ走って欲しい。
なんだか、いろんな面で『旧き良き伝統』を大切にしていた、我が母校K中とも重なります。

しかし、“Must be Totally White” の徹底に関しては、明らかにウィンブルドンに軍配が上がりますね。
中学時代も、もっと厳格に運用してくれたら良かったのになあ。
柄のトランクスなど穿いている者は、速やかに白ブリーフ穿き替えを命じる。男子全員、ヤンキーもお調子者もみんな、上から下まで完全に真っ白で体育……。

もっと言えば、ドレスコード違反の罰として、尻叩きも欲しいところですね。
そこまで行けば、僕の歪んだフェチ的には、もはや完璧ですわ……。

くだらない妄想はさておき、『大会側から提供された替えの下着は非常に快適だった』とのことで、どんな白ブリーフだったのかが気になるところですね。
また、穿き替えとなった3人の選手は、全員その試合は勝利という結果になっており、もしかしたら穿き替え用の白ブリーフは、勝利を呼び込む幸運の白ブリーフなのかもしれませんね(^^)

続きを読む

『GUSHpeche VOL.47 白ブリーフ』 を購入

海王社から出ている GUSHpeche (ガッシュペシェ) という BLコミック集のシリーズ。
その VOL.47 が、白ブリーフ の特集と言うことで、僕も購入して読みました。

GUSHpeche 47 特集 白ブリーフ (海王社のサイト)



ページ数は250ほどで、8作品が掲載されています。

1.ギリでも兄弟 (天城れの) 
「義理でギリギリな兄弟のラブ&エロス!」
(再婚夫婦の連れ子どうしのお話)

2.天使のパンツはいいパンツ (大月クルミ)
「再会したアイツのパンツは衝撃で……!!?」
(看護師になった親友と、偶然再会する話)

3.君のお気に入りが気に入らない! (川嶋すず)
誰がなんと言おうと白ブリーフ最高!!
(ルームシェアしている学生のお話)

4.男やもめは甘くて苦い (緑々)
マジメで憧れの係長が、双子の新米パパだった――!!??
(男手一つで双子を育てる上司の家でお泊まりするお話)

5.犬も食わぬ (袴田なつき)
ラブラブなカップルにパンツ問題勃発!?

6.優しくされたい (麻生くま)
普通のHじゃイケない大家さんを愛する方法

7.白くて危ういオトナの階段 (藤峰式)
カラダは大人、パンツは白ブリ。

8.秘密のメタモルフォシス (福嶋ユッカ)
大学の同級生でイケメンの秋月と平凡男子の青山。接点のなかった2人だが、秋山の秘密を知ってしまい――!?

ご覧の通り、いろいろな作品が掲載されているわけですが、どれも 白ブリーフ を主題としているという共通点を持っています。
これだけずらりと並ぶと、フェチにとってはたまりませんね。
(これこそが、 GUSHpeche シリーズの意図するところなのでしょう)

以前、拓ヒラクさんの『ブリーフ男子』のレビュー のときにも書いたのですが、僕は基本的にセックスには興味が無くて、セックスの描写は苦手です。
そのため、この本の場合でも、セックスのシーンはさらっと流すような感じで読むだけになります。
ではどこを楽しんでいるのかと言えば、それ以外の場面であり、そこで描かれていない部分も含めて勝手に膨らませていく妄想(笑)ですね。
もちろん、白ブリーフが描かれているコマは、存分に見つめます。それは、言うまでもありません。

収録8作品の中で、あえて一番好きな作品を挙げるとしたならば、
『3.君のお気に入りが気に入らない! 』を選ぶことになりそうです。
周りが何と言おうと、白ブリーフにこだわり、白ブリーフを穿き続ける。
僕自身がまさにそうなのですが、ブリーフ派の中には、とことん白ブリーフにこだわって、根強く愛好し続けている方も多くいらっしゃいます。
「誰がなんと言おうと白ブリーフ最高!!」 という台詞は、僕らの思いを代弁したものともいえるでしょう。
そんな、白ブリーフを心から愛する男子を描いてくれた本作を、選びたいです。

興味を持たれた方は、ぜひ、手に取ってみてください。
(電子書籍版もあるようです)

[T高・学生寮] 夜の面接でのこと

『夜の面接でのこと』

部屋替えが行われると、その次の週には、寮のそれぞれの階で《夜の面接》というものが行われるのがならわしであった。
午後11時半の消灯時間に、階のフロア長の部屋へ集合して、たいていは1時間から1時間半くらいにわたって行われるのだった。
下級生を支援する立場のフロア長や副フロア長にとっては、自分の階で生活することになったメンバーについて知る機会となる。
また、下級生にとっては、同じ階で生活することになった仲間との親睦を深めるためのものとなる。
進行の仕方は、集団面接そのもので、下級生への質問が次々と出される。質問をするのは、たいていは副フロア長であった。
最初は、名前や学年などが訊かれ、しだいに込み入った話になっていく。
夜の男子寮である。性的な質問も当然ながら増えてくる。
たとえば、「初打席は何歳か?」とか「連続打席数は?」とかいった、遠回しな訊かれ方をすることも多かった。
もちろん野球のことを訊かれていているのではない。
前者は精通のこと、また後者は自慰のことだということは、話の流れから明白であるし、皆わかっているのだった。
こういった質問に答えるのは恥ずかしいものだが、他の奴らが何と答えるかには興味津々であった。
必ずしも正直に答えているわけではないだろう。それも皆が分かっていることだ。

Yくんの領域へ立ち入り、初めて彼の白ブリーフを確認したその日の夜。
奇しくも、僕らが夜の面接を受ける順番であった。
階の人数から、一度に全員で面接をすることは出来ない。そこで、階を半分に分けて、2日間で実施していた。
午後11時半になると、僕の部屋を含めた3つの部屋の寮生が、フロア長の部屋へ向かう。
フロア長は2人で、副フロア長も2人いる。そして、下級生は8人なので、総勢12人が一部屋へ集まって、面接開始となった。

1つ目の質問は、とりあえず「名前と出身中学校」であった。
下級生が順に答えていくと、副フロア長はそれをノートに記入していた。記録もきっちり作られるのだ。

「じゃあ次。学年・クラス。パンツの色」

副フロア長が告げた2つ目の質問は、何とも不思議な取り合わせであった。
いったい、どういう意図で、この質問をこのタイミングに入れたのだろう。それは今でも分からない。

僕は、表面上は平静を装いつつも、内心ではものすごくドキドキしていた。
その大きな要因は、羞恥心である。何しろ、自分が白ブリーフを穿いていることを皆の前で明言しなければならないのだ。
ただ、その状況に置かれているのは僕だけではない。そのことを僕はすでに知っていた。

(Yくんは、今どんな心境だろうか。何て答えるんだろう)

そんなことを考えていると、ますますドキドキしてくるのだった。

回答順は、Yくんが4番目で、僕がその次の5番目であった。

僕がドキドキしている間に、最初の回答者である、隣の部屋のIくんが、

「1年C組で、青色です」

などと普通に答え、やはり副フロア長がメモを取っていた。
Iくんは僕と同じクラスで、トランクス派だった。確かに、青系統のものを穿いていることが多かった。

「1年D組で、緑色です」

「1年A組で、黒色です」

淡々と答えが続く。
特に盛り上がることもなく、すぐにYくんへ順番が回ってきた。

「1年B組……えっと……何でしたっけ?……」

学年・クラスを告げた後、Yくんは質問を訊き直したのだった。

(ああ、やっぱり恥ずかしいよなぁ……。動揺したんだろうなぁ……)

副フロア長は、少しだけ呆れたような感じで、

「ったく、ちゃんと聞いとけよな。パンツの色!」

と返し、いよいよYくんは、答えざるを得なくなった。
もちろん、ここで適当に青とか赤とか答えることだって、別にできる。Yくんはどうするだろうか。
僕は、きっと正直に答えるだろうと予想していた。もし適当に答えるならば、最初からそうすればよかったのだから。

「………白……」

予想通りであった。Yくんと僕のズボンの中にあるのは、白い綿の生地。
Yくんはその色を正直に告げたのだった。

「白ブリ?」

先ほどから変わらない静寂の中、淡々とした口調で、副フロア長は、追加の質問をしてきた。
白という答えは、あまり想定していなかっただろう。

「……は…はい……」

顔を少し赤くしながら、小さな声で返事をするYくんであった。
副フロア長はやはりノートにメモを取るのだが、最初の3人の時は色だけを書いていたのに対して、Yくんのところには『白ブリ』と書き込んでいた。
こうして文字にされると、恥ずかしい感じが強まるので不思議なものである。

次は僕の番だ。
「白」と答えるか「白ブリ」と答えるか。一瞬だけ迷ったのだが、あくまでも、訊かれたのは“色”である。

「1年C組……白です……」

特に大きな反応があるでもなく、副フロア長は先ほどと同様の淡々とした口調で、

「白ブリ?」

と問う。
僕が肯定すると、ノートに再び『白ブリ』という文字が書き込まれる。

「この部屋は《ブリーフ部屋》だな」

不意にフロア長がこんなことを言うと、少しだけ笑いが起こった。

次の回答者は、僕やYくんと同じ部屋で、2年生のKくんであった。

「2年E組。赤色」

ここで、副フロア長が真面目な顔をして

「赤ブリ?」

と訊ねると、一同は笑いに包まれた。

Kくんも笑いながら、

「いやいやいや、俺はトランクスっすよ~」

などと答えていた。

平成15年のこと、一般的には、トランクス派が圧倒的な多数であった。
だが、僕とYくんが同じ部屋になったことで、《ブリーフ部屋》が形成された。
その部屋の中では、トランクス派のKくんが逆に少数派になってしまうから面白いものだ。

僕もまた白ブリーフを穿いているのだということを、Yくんは知ることとなった。
まさか、ルームメイトが白ブリーフ派だとは、僕も思いもよらなかったが、Yくんも同じだっただろう。
とはいえ、それを知ったからといって、別に何事も起こらなかった。
干し方も、お互い変わらずに、ずっとシャツで囲っていた。
夏場であれば、下着の見える機会も多そうだが、あいにくの秋冬である。
ごくたまに、着替えの時にちらっと見えることがあって、それは至福の時だった。

Yくんが部活に行っている時間帯などに、領域へ立ち入っては干された白ブリーフを見たり触ったりはしていた。
スリルと背徳感に満ちたこの行為は、決して褒められたものではない。
だが、そのスリルと背徳感ゆえか、これが同年代の自然な白ブリーフ派とふれあった最後の機会だったためか、あのYくんと同じ部屋で過ごした半年間のことは、今でも忘れられない。

ところで、この夜の面接で、僕とYくんがブリーフ派だということは、階のメンバーには周知の事実となった。
ただ、だからといって、別に何事も起こらなかった。
みんな大人だった。

僕とYくんのところに、『白ブリ』と記されたノートは、あの後どうなったのだろう。
もはや叶わないことは承知しているが、もう一度あのノートを見てみたいと、今でも思っている。


■ ひとまず、これにて完結

前話 (囲われし彼の白ブリーフ)



Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、30代前半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR