FC2ブログ

Entries

《 水車でお尻ペンペン 》 のこと

12日(火)と13日(水)は、体調を崩してしまい、バッチリ寝込んでいました。
幸い、発熱は大したことはなく、インフルエンザ等でも無かったので、よかったです。
今日(=バレンタインデー)は、具合はだいぶよくなりましたが、大事を取って大人しくしていました。

さて。今日の昼間はまったりとパソコンを弄っていたのですが、予てから知りたかった情報を得ることに成功しました。
それは、NHKで長きにわたって放送されているアニメ『忍たま乱太郎』に関してのことです。そして、お尻ペンペン(スパンキング)絡みのことでもあります。
以前 書いたとおり、僕がお尻ペンペン(スパンキング)好きになった1つのきっかけが、《 水車でお尻ペンペン 》というお仕置きをこのアニメで見たことだと思われるのです。
そのシーンを見て、きっと幼き日の僕は《 萌え 》てしまったのでしょう。記憶はずっと残り続けて、今に至るわけです。
ただ、『忍たま乱太郎』は、かなりの話数が放送されていますし、どの放送回でこのシーンが流されたのかは、気になりつつもずっと分らないでいました。
でも、今日、ようやくその答えにたどり着くことができました。
こちらこちらこちら などを見ていると、第2シリーズ第16話『野草サラダの段』(初回放送:1994年10月24日(月))で間違いなさそうです。
公式サイト のあらすじにも、

食事当番の乱太郎(らんたろう)、きり丸、しんべヱ。川で野菜を洗っていると、近くに食べられる野草が生えていた。そこでこっそり野菜を売り、野草でサラダを作った三人。ところがばれてしまい、山田(やまだ)先生、土井(どい)先生から怒られるはめに。

とありますし。この最後の《 怒られる 》が、おそらく《 水車でお尻ペンペン 》なのでしょう。
そして、初回放送が1994年10月ですから、そのとき僕は小学1年生。このシーンを見たのは幼かった頃という記憶とも一致します。
長いこと気になっていた謎が解けて、スッキリしました。

特定されたからには、このシーンを見てみたいものですが、それだけのためにDVDを買うのはアホらしいかなあなどと躊躇しています。
でも、いずれ買っちゃうかもしれません

『忍たま乱太郎』は、小学生のときかなり好きでした。
平日の17時50分から18時までの放送でしたが、毎日のように見ていたと思います。その後の18時から始まる『天才てれびくん』とセットで。
忍たまで当時好きだったキャラは、乱太郎たち主人公が所属する《 1年は組 》担任の 土井半助先生 だったかな。今は、お隣《 1年ろ組 》担任の 斜堂影麿先生 が一番好きかもしれません。
斜堂先生の気弱で神経質で根暗で影が薄い感じが、なんだか僕自身と重なるんですよね。いや、あそこまで究極的に暗くはないんだけど
《 日陰ぼっこ 》とか、《 夜中に散歩 》とか、なんだか共感できちゃいます。
それにね、斜堂先生って、ああ見えてすごく生徒思いだし、暖かい人だし、お茶目で可愛らしい側面もありますし、いざとなれば強いとも思うんですよ。そんなところがとっても魅力的です。
ああ、話がそれてきましたね。水車でお尻ペンペンの話をしていたはずなのに、いつの間にか斜堂先生の話になっていた(笑)

そんなわけで、スッキリ出来たバレンタインデーでした


※ gooブログ時代に頂戴したコメントを下へ転載しておきます
(表示されていない場合、「続きを読む」をクリックしてください)

2013-02-28 20:42:06  ヨシ
私は男で、バイの非性愛者です。といっても、女性には普通に性欲があるので、男性に限ってのみ非性愛者という、中途半端な感じです。

この記事を読んで、私も忍たま乱太郎で同性へのエロに目覚めたのを思い出しました。
私の場合はキリ丸です。女装趣味の美少年なんて、NHKの5時のアニメにしては、改めて見るとすげえですよね。
あとはキサンタとかも可愛げがあって好きですかね。なめくじ趣味ってのも、ちょっと変態チックでいいし。
主人公の乱太郎もショタらしくていいな~。

あのアニメって色々な性的嗜好が入り混じってる気がしますよ。




2013-03-19 21:20:53  Nikkoh
ヨシさん、コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなりました。

> 私は男で、バイの非性愛者です。といっても、女性には普通に性欲があるので、男性に限ってのみ非性愛者という、中途半端な感じです。

なるほど~。
セクシュアリティのあり方って、ほんとに多様ですね

> 私の場合はキリ丸です。女装趣味の美少年なんて、NHKの5時のアニメにしては、改めて見るとすげえですよね。

きり丸は僕もかわいいと思います。いい味を出してますよね~。
確かに、忍たまは、大人が見ても楽しめる要素が満載の気がします。いろいろな意味で。
ネット上で見ていると、現実に大人のファン(特に女性?)がいっぱいいるようですし。

スパンキングという意味では、古い時期の作品でしかお目にかかれないようです。
(今回紹介させて貰った水車のやつも第2シリーズですし)
これも時代の流れということなのかもしれませんね
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/102-760ca866

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、20代後半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR