FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/107-7a41fc0e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

手のひらに「×」マーク

小学校2年生のときの担任の先生(40代後半くらいの女性)はおもしろい先生でした。
その先生のお仕置きで今もよく覚えているのが1つあります。
それが、標題にした、《 手のひらに「×」マーク 》でした。

悪いことをした子を教卓まで出頭させ、手のひらに、赤色の太いマジックペンで、デカデカと × マークを書くのです。
書かれるときは恥ずかしいでしょうし、油性マジックはすぐには消えませんから、しばらくはこの恥ずかしい勲章と付き合わなければいけないわけです。
いわゆる、羞恥罰としては、それなりによく出来ていたと思います。

僕は残念ながらそのお仕置きを受けることはありませんでした。
お仕置きを受けたいがために、何か悪いことをやらかすというような勇気もなかったですし( ← そんな勇気は要りません! )
しかし、級友たちがあの巨大な × マークを書かれているのを見て、日に日に憧れみたいな気持ちが募っていきました。

そんなある日のこと。
学校から帰った僕は、おもむろにマジックペンを取り出すと、自分の左の手のひらに大きく × マークを書きました。
それだけでは飽きたらず、あろうことか、腕とか膝とか脛とかにも、もうひたすらに × マーク を書きまくったのでした。たぶん数十個は書いたと思います。
ハッキリ言って変態ですよね。こんな幼い頃からお仕置き萌えが始まっていたんだなあって、我ながら呆れます。

手足を × マークで埋め尽くしてしまった僕を見た母は、相当呆れていました。
というか、「この子はいったい何がしたかったの!?」って感じだっただろうと思います。

自分で自分の身体に書き込んだたくさんの《 勲章 》は、結局、数日間かけて消えていきました。

同性愛(ノンアダルト) ブログランキングへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/107-7a41fc0e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、30代前半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。