FC2ブログ

Entries

『男子パンツに急接近』 ~2010年の朝日中学生ウィークリーより~

今回は、2010年1月31日付けの『朝日中学生ウィークリー』に掲載された記事を紹介します。

記事のタイトルは、『男子パンツに急接近』です!

朝日中学生ウィークリー全体像

白ブリーフフェチとしては興味をもたざるを得ないタイトルですよね。
そして、男子・男性の下着の変遷を記録する意味でも、貴重な記事だと思います。

この新聞は購読層が限られており、図書館等でもなかなかバックナンバーにお目にかかれないのが残念なところです。
そこで、記事の内容をご紹介することにしましょう。

朝日中学生ウィークリー2

ここには、グンゼが2007年から2009年にかけて調査した、下着の種類別の着用(所持)率のデータが出ています。
これを見ると、小3まではブリーフがわりと大きなシェアを保っているみたいですね。
トランクスは小6以上で幅を利かすようになるのも分かります。
ボクサーブリーフは概ね安定していますね。
最近は、小学校低学年や幼稚園児などでも、ブリーフを敬遠する風潮があるのではないかというイメージを勝手に持っていましたが、この調査結果を見る限りはそうでもないのかなあと、少し驚きました。
もっとも、母集団の取り方によってはまた変わってくるのかもしれません。

本文中には、3人の中学1年生男子が登場します。
彼らのパンツの内訳は、2人がトランクスで1人がカラーブリーフ(黒やグレー)とのこと。
小5~小6くらいまでは、白ブリーフを穿いていたそうです。
トランクス派曰く
・ 「ブリーフみたいにお尻に食い込まなくていい」
・ 「父親がはいているので、なじみがある」
とのこと。トランクス派の場合、やはりフィットする感じや食い込む感じを嫌うようですね。トランクスの開放感が好みに合うということでしょう。ブリーフ派の僕としてはそれが嫌でたまらないんだけど(笑) あと、父親がトランクスだからというのも興味深いですよね。彼らの父親というと、今30代くらいといったところでしょうか。その世代は中学くらいまではブリーフが多数派だったと思われますが、今はトランクスが幅を利かせていますよね。
ブリーフ派曰く
「生地がしっくりくる」
とのこと。ブリーフの肌触りは独特のよさがありますよね。僕もそこが好きです。やはりブリーフ派がポイントとしてあげるのは、着用感であることが多い気がします。肌触り,フィット感,ホールド感みたいなものを求めれば、ブリーフに落ち着くのが当然の帰着ではないかと僕は考えています。
もっとも、彼も白ブリーフからカラーブリーフ(グレー・黒)へと移行したようで、やはり白ブリーフは恥ずかしいということなんでしょうね。

別の項へ目を向けると、男子パンツの変遷が簡単に記されていました。

朝日中学生ウィークリー1

グンゼの広報曰く、「男児用は紳士用から少し遅れて変化が表れる」という傾向があるそうです。
それはなんとなく実感にもあっている気がします。

大まかにまとめてみると、

・ 1960~1970年代は、男児用も紳士用も白ブリーフ全盛

・ 1980年ごろ、紳士用ブリーフの色柄が多彩に
  → 1985年ごろ、「キャラクターもの」等プリント柄の男児ブリーフが人気に

・ 1980年代、若年層を中心にトランクスが普及
  → 1980年代末期以降、男児用トランクスも普及開始
   (90年代初頭には高校生,半ばには中学生,末期には小学生にも広く普及)

・ 1990年代半ば以降、ボクサーブリーフが台頭
  → 2000年代に入り、男児用ボクサーブリーフも売り上げを伸ばす

だいたいこんな感じでしょうかね。

グンゼ広報の談話によれば、「日本で一番売れているのはおそらく定番の白いブリーフですが、伸びが大きいのはボクサーブリーフ」だそうです。
ただ、いつまで白ブリーフが《 一番売れている 》地位を保ち続けられるかは疑問ですね。僕はそんなに遠くない将来に、脱落するのではないかと思っています。残念ですが。
とはいえ、僕もそうですが、白ブリーフには熱烈なファン・支持者がそれなりにいるのも事実です。そして、超ロングセラー製品である白ブリーフは、生産にさほどコストもかからないと思われるので、生産・販売自体はずっと続いていくのではないかと楽観視しています。
少なくとも僕が生きているうちは、白ブリーフの生産を続けていただかないと困る…

そういえば、下着メーカーとしては、紳士・男児用下着を生産するにあたっての悩みがあるようでした。それは、消費者である男性・男児たちの《 声 》がなかなか聞こえないというもののようです。
グンゼ広報曰く
「女の子と違って、声が収集しにくい。良いも悪いも、何も言わない傾向があります」
とのこと。
実際のところ、「そこまで下着にこだわりがない」という人が、男性・男児の中では多数派なのかもしれません。
中にはすごくこだわって、オシャレなパンツを穿いている人とかもいるとは思いますが。
そしてすごくこだわった結果として、白ブリーフを頑なに履きつづける僕みたいなのもいるわけですが(笑)
何せよ、男性・男児の下着は、母親や妻といった女性が購入することも多いわけで、結果として、「女性の意向」や「女性の好み」がかなり影響を与えているのは事実でしょう。
白ブリーフの不人気にも、実は女性の多数派が白ブリーフを嫌悪しているというところが、響いていると思います。

ゲイである僕は、《 女性ウケ 》なんてものを、全く気にせずにいられますが、ノンケの皆さんはめんどくさいでしょうね。
中には、「本当は白ブリーフが好きなのに…」っていう人もいるのかも。

これは、“白ブリーフ・フォビア”(白ブリーフ嫌悪症)の解消を目指した、“ブリーフ・リブ”を行うことで、ブリーフ派というマイノリティの人権を守らなければいけませんね!( ← おい )

まあ、もちろん、ブリーフ・リブなんてのはネタですけれど、ブリーフ派が迫害されているのは事実だと思います。
別に、「気持ち悪い」って思っても「ダサい」って思っても勝手ですが、「あんまりいじめずにそっとしといてくれよな」って思いますね。
理想的には、誰しもが気兼ねなく、自分の穿きたいパンツを穿けるようになるのがいいんですけどねー。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/146-a03cb623

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、20代後半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR