FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/201-3e99a8a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スネアドラムのスティックでケツ叩き

去年の年末のこと。
押し入れの整理をしているとき、かつて部活(吹奏楽部)で使っていたスティック(スネアドラム用)が発掘されました。
もちろん、「これでケツを叩いたらどうなるだろう」と、知的好奇心を存分に刺激されるわけでありまして・・・。

スネアのスティック

実験結果としては、かなり痛い です。

叩いた際の音ですが、あまり響きません。
動画があるので、確認してみてください。



音を気にしながらスパしないといけない場合など、もしかしたら便利かもしれませんね。
価格も1000円台で手にはいるので、よろしければお求めになってみては如何でしょうか(笑)


【 補遺 】

僕が吹奏楽部員だったときにしていた妄想があります。
関連するものなので、ついでにご紹介します。

コンクールが迫ったある夏休みの朝。時刻は7時半である。
部活の開始は午前8時半だが、音楽室にはパーカッションのAくんとBくんだけの姿があった。
熱心な2人は、自主練習のために早めに学校へ来たのだった。
しかし、音を出して練習を始めると、即座にインターホンが鳴る。
「まだ音出したらだめだぞ! 苦情来ちゃうからなー。悪いけど、音出さずに練習しとってなー」
顧問の先生からだ。普段、朝練習が7時半から始まるので大丈夫だと思ったのだが、夏休み中は話が別なのだろう。
「どうする?音出さずに練習って」
「そうだなー。お前、ちょっとケツ出せよ」
「は、なんで!?」
「良いから良いから」
Bくんは、怪訝な顔をしながらも、Aくんに促されるまま、ケツを突き出す。
「よし、練習開始だな。ワン・ツー・スリー・フォー」
そう言うと、Aくんの手がBくんのケツを軽快に打ち始めたのだった。
「なるほど、そういうことか。って、俺のケツは楽器じゃねーぞ」
「仕方ないだろ。後で俺のケツも貸してやるから」
「しゃーねーな。お前はコンガだから《手》だけど、俺はスネアドラムだから《スティック》だから、痛いかもな」
「あ、しまった。そうだった。ま、我慢してやるよ。やさしく叩けよ」
「わかったわかった」
「ホントにわかってるのか?」



この妄想は、概ね中学時代に実際にしていた妄想そのままだったりします(恥)
インターホンが鳴るところまでは実体験ですしね。

妄想の中では、Aくんは軽々しくBくんにケツを貸すとか言ってるけれど、もし実行したら、大いに後悔することになるでしょうね(笑)

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/201-3e99a8a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、20代後半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。