FC2ブログ

Entries

[T高・学生寮] 囲われし彼の白ブリーフ

『囲われし彼の白ブリーフ』

木曜日の授業が終わると、僕はすぐに寮の部屋へ戻った。
部屋には誰もいない。
YくんもKくんも、部活に行っているのだろう。

荷物を置くとすぐに、一続きの部屋のYくんの領域へ入った。

Yくんも僕と同じように、洗濯物を部屋干ししていた。
洗濯ばさみのぶら下がった小物干しハンガーが3つある。

一番手前のものには、アウターを中心に干されていた。
次のハンガーにも、下着は干されていなかった。

目につきづらい一番奥のハンガーには、白い布が干されていた。
期待しながら近寄ると、それは白い肌着のシャツであった。

ちょうど外側を囲むようにして干された3枚の白いシャツは、なかなか着込んだもののようであった。
パンツが干されているとしたら、もはやこの内部しかあり得ない。
この干し方は僕と同じだ。
僕は、シャツや他の服などで囲むようにして白ブリーフを干していた。
もちろん恥ずかしさからである。
きっと、Yくんも同じことを考えたのに違いない。

歴史ある名店の暖簾をくぐるような思いで、胸を高鳴らせながら、白シャツに手をかけてめくり上げる。
白布で囲まれた空間もまた、白一色であった。
期待に違わず、Yくんは白のブリーフを穿いていたのだった。

ブリーフは3枚あり、いずれも、側面一カ所を洗濯ばさみで夾まれて、吊されていた。
そっと1枚に手をかけて、じっくりと見回す。
側面や尻の部分など、さすが洗濯されたもので、きれいに真っ白になっていた。
ただ、フロント部分の裏側、いつもYくんの大切な砲身を包んでいる部分だけは、自然な黄ばみがあった。
おそらく、中学の頃から穿き込んだものなのだろう。
そして、何度も洗濯を重ねてきたものであるに違いない。
裏側のタグの部分を調べると、グンゼ製の 160cm サイズのものであった。
長身のYくんには、些か小さいのではないかとも思ったが、体型は細身でひょろっとした感じだったから、問題ないのだろう。

残りの2枚も、同じようにして観察していく。
やはり、フロント裏側だけは自然な黄ばみがあり、いずれも 160cm サイズのものであった。

目で見て、手で触れるだけでは気持ちが収まらず、僕はYくんの白ブリーフに鼻を近づけてみた。
あの黄ばんだフロント裏側も含めて、洗濯された後らしく、良い香りであった。
できるならば、Yくんの白ブリーフを穿いてみたいとも思った。
だが、さすがにそこは踏みとどまった。

Yくんのベッドの下には、洋服を仕舞うためのケースが置かれていた。
罪悪感に苛まれながらも、僕はそのケースを開けて、中を見た。
下着類は入っていなかった。
干されている3枚に、今日まさに穿いている1枚を加えて、合計4枚の白ブリーフで回しているのだろう。

時はすでに 21世紀 である。高1で白ブリーフを穿いている者は、すでに稀少価値となっていた。
そんな中で、白ブリーフを穿いている稀少な2人が、寮でルームメイトになるなどということが現実に起ったのである。
考えれば考えるほど、これは奇跡に近いことなのではないかと思えてならなかった。

DSC00839改 DSC00837改 

写真はイメージです。
実際には、僕もYくんも、白シャツで囲われた中に、白ブリーフを干していました。


次話 (夜の面接でのこと)

前話 (部屋替えと魅惑の曲線)




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/218-fd473e1b

トラックバック

コメント

[C215] Y君に見つかってしまう

Y君の白いブリーフを見ているうちに学生ズボンの内側では激しく勃起してしまった。そこへなんとY君が部屋へ帰って来たのだった。それに気が付かなくて、Y君の領域を侵してしまったのがバレてしまったのだった。言い訳など出来るわけもなく、怒ったY君から罰として、厳しいケツ叩きのお仕置きを受ける事に。。。なんて妄想しました。
  • 2017-01-14 19:08
  • リキヤ
  • URL
  • 編集

[C237] Re: Y君に見つかってしまう

リキヤさん、コメントありがとうございます。

> Y君の白いブリーフを見ているうちに学生ズボンの内側では激しく勃起してしまった。
> そこへなんとY君が部屋へ帰って来たのだった。
> それに気が付かなくて、Y君の領域を侵してしまったのがバレてしまったのだった。
> 言い訳など出来るわけもなく、怒ったY君から罰として、厳しいケツ叩きのお仕置きを受ける事に。。。なんて妄想しました。

この妄想は良いですね~。
実際、Yくんの領域を侵すにあたっては、なかなかのスリルがあったのは事実です。
こういうことが一度で済むはずもなく、何度もYくんの白ブリーフを見て目に焼き付けていたわけですが、
幸いにして(?)、一度もバレることはありませんでした。
Yくんからの罰がケツ叩きであれば、甘んじて受けてみたいです。ブリーフ丸出しで、膝の上に乗って……。
いつか、小説化してみようかなあ。
ステキな妄想のタネを、ありがとうございました。
  • 2017-01-15 22:02
  • 日光(Nikkoh)
  • URL
  • 編集

[C238]

良いシリーズです
どきどきしながら読みました。
出来れば毎日更新してほしいです!
続きが気になります!
  • 2017-01-17 13:03
  • たなか
  • URL
  • 編集

[C240]

日光さん。いつも楽しい投稿ありがとうございます。
平成15年頃になってグンゼの160センチ白ブリーフを穿いている高校生なんて奇跡に近いと思いますが、他人の白ブリーフの洗濯物はかなり興奮しますね。
穿き込んで黄ばんでいるのもなんだか興奮しますが、自分の中高生の頃は外に普通に洗濯物が干してあり友達の白ブリーフに興奮したものです。
  • 2017-01-21 13:53
  • ケイ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、30代前半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR