FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/73-c2e31a08

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[K中シリーズ] 冬の体育I(長距離走)

K中学シリーズです。僕の母校でのお話です。基本的には実話です(記憶違いやおもしろくするためのほんの少しの脚色はあるかもしれませんが)。
時代としては、僕の年齢から分かるかとも思いますが、2000年代初頭です。

※ シリーズ記事一覧は、末尾に載せてあります

------------------------------------

このシリーズ、しばらく更新していませんでしたね。
楽しみにしていた方(いるのかな?)、ごめんなさい。

今は11月ということで、まだ冬にはなっていないのですが、今回のタイトルは、《 冬の体育I 》としました。
“I”があるということは、“II”もあるということで。
“II”のほうで書く中身はだいたい決まっています。そちらもお楽しみに〜

主に1年生のときのことを中心に書きます。2年生・3年生については、授業を受け持ってくれた先生も違いますし、またいつか。

第3回 にも書いたとおり、冬の体操着は、夏の白装束体操着の上に、紺色のジャージ上下をそのまま重ね着する形でした。
あとは、白色の軍手を使ってもいいことになっていましたね。


夏仕様と冬仕様。冬仕様で正面向いてるのがないorz

だいたい11月に入ったくらいから学期末までは、基本的にこの服装でした。
軍手ってそんなに暖かくないんですよねえ。でも無いよりはましで、結構みんなはめてましたね。

短パンの上にジャージを穿くようになるため、夏仕様のときには 指導 を守って白ブリーフを穿いてきていた子の中で、体育のある日でもトランクスを発動するようになった子もちらほらといました。

冬場の体育の授業では、長距離走とサッカーが定番でした。
どちらもたくさん走り回るという点では、冬場向き(?)なのかもしれませんね。
ただ、サッカーは球技ですし、人気はあったと思いますが、みんながだいたい嫌がっていたのが、長距離走でした。
まあ、ただひたすら、延々と黙々と走るだけですからね。楽しくは無いですよね。修行にはなるかもしれませんが。
今回は、その長距離走のことを書こうと思います。
(ちなみに、“II”はサッカーではありません。じゃあ、何について書くのかというと、現時点では内緒です^^;)

中学1年生の2学期、11月の終わりに期末テストが終わると、長距離走の季節に突入です。
小学校でも持久走ってのを少しやったことはあるけれど、そんなむちゃくちゃな距離を走るなんてことは無いのです。
中学校ではかなり走らされるらしいということを、兄姉のいる子たちが言っていたりして、「ああ、身体が持つのかなあ…」なんて思っていました。
ただ、僕たちの学年の男子を受け持っていたM先生はやさしくて、結構甘くしてくれていました
女子はすっごく厳しいおばちゃん先生が受け持ちだったから、コッテリ絞られていたようです。ご愁傷様という感じでしたね

中1のときの体育の授業は、月曜日の5時間目,火曜日の1時間目,水曜日の1時間目でした。
5時間目というとちょうど給食・清掃の後ということで、長距離走をやるのには一番しんどい時間です。
経験のある人ならばわかるかと思いますが、食後に長距離走をやると、気持ち悪くなってしまったりするんですよね。中には、吐いてしまう子も出てきたりして。
やさしいM先生はそのあたりを配慮してくれて、月曜日は半分だけ長距離走をやって、あとの半分の時間は、11月にやっていたハンドボールにしてくれていました
月曜と火曜はインターバル走で、200m走って、その後少し歩いて、また200m走ってというのを延々と繰り返すものでした。水曜日は少しフォーミングアップした後、1500m走を実際に計測するという感じでしたね。

・ 月曜5限 → 200mトラック1周を5本(合計1000m)。その後はハンドボール
・ 火曜1限 → 200mトラック1周を10本(合計2000m)
・ 水曜1限 → 200mトラック2周。その後、1500m走タイム計測

M先生がやさしくしてくれているとはいえ、やっぱりしんどくて、とくに火曜日が一番大変でした。なんかほんと修行みたいな感じで。
次の2時間目の授業ではすでにヘロヘロになっているくらい。

服装は基本的にはずっとジャージ+軍手を着たままでしたが、暑くなってきたらジャージを脱いでもいいことになっていました。
あと、1500m走のタイム計測のときは、ジャージを脱ぐのが必須でした。12月や1月の厳寒の中、白短パンと白体操シャツでグラウンドを7周半するわけであります。
でも、走っているうちに暑くなってきます。そのくらいいい運動ができていたということなのかな。

最初に1500m走の計測があった水曜日のことでした。
I君は、体操着が冬仕様になる前(短パン+シャツだった時期)はまじめに白ブリーフを穿いてきていましたが、冬仕様になってからはトランクスを穿いてくるようになっていました。

M先生「じゃあ、今から1500m走の計測をしようと思います。計測は夏の格好でするので、ジャージを脱いで準備してくださいね」
Iくん「…あ、あのぅ…(もじもじ)」
M先生「どうしたの?」
Iくん「…トランクス…」
M先生「ああ、別にいいから、早くジャージ脱いで」
Iくん「はい」

このやりとりはちょっと萌えで、個人的に妄想の“タネ”にしていました。
もちろん僕の妄想の中でのIくんは、ばっちりお仕置きされちゃうんですけどね。
これを発端に下着検査が始まっちゃったりして、それから…(以下略)

ゲフン、ゲフン。

僕の1500m走のタイムは、だいたい7分台でした。ベストタイムが、《 7分3秒 》とかだったはず。
秒数に直すと423秒だから、平均の速度が《 秒速3.54m 》=《 時速12.7km 》ということで、
自転車をゆっくりと漕ぐのと同じくらいの速さといったところでしょうか。
まあ、超痩肉で、虚弱体質の僕にしてはがんばったほうかなあと思います。

さて、今回は長距離走のことを書いてみました。
今年も全国の中学生諸君が、この修行(?)に悩まされることになることでしょう。
がんばってほしいですね〜

このシリーズ、次回は《 冬の体育II 》をお届けする予定です。

------------------------------------

■ これまでの記事

2年生編の目次は、こちら をご覧ください。
1年生編の目次は、こちら をご覧ください

※ gooブログ時代に頂戴したコメントを下へ転載しておきます
(表示されていない場合、「続きを読む」をクリックしてください)
2012-11-06 23:35:51  はねはね
お久し振りです。なかなかコメント出来なくてすみません。同性愛をめぐる問題点や差別の記事も色々考えながら読ませていただきました。
K中シリーズも楽しみにしていました。下着指導の妄想なども膨らんでしまいますが、考えてみたらノンケの場合、これに似たストーリーがあるとしたら、女子の下着指導、更には違反の下着を没収して…みたいな話しになるんでしょうね。それが男子になるというのが、生まれつきとはいっても、哀しい(嬉しい?)ところですね。
ではでは。




2012-11-07 21:37:30  Nikkoh
はねはねさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます(^^)
僕のブログを愛読いただいて、嬉しいです。

> ノンケの場合、これに似たストーリーがあるとしたら、女子の下着指導、更には違反の下着を没収して…みたいな話しになるんでしょうね

きっとそうなんでしょうね~。まあ、僕はノンケじゃないので、分からないんですがw

> 生まれつきとはいっても、哀しい(嬉しい?)ところですね

まあ、エロいことを妄想したりする対象が違う(同性なのか異性なのか)だけで、やっていることは同じだと思うので、結局のところは変わらないのかなあとも思います、僕は。
要は、たのしく生きられればいいのですもんね。

またこのシリーズも他の生地もマッタリ更新していきますので、今後ともご愛顧下さい(ぺこり)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nikkohbrispa.blog.fc2.com/tb.php/73-c2e31a08

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、20代後半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。