FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

穴の空いたパドルでケツ叩き

4月に、パドル / はたきの柄でケツ叩き という記事を書きました。その記事では、パドルでのケツ叩きの写真を掲載して紹介しています。 ( 註 : 画像の権利等を放棄しません。許可無く転載することは厳禁とします )そして、ところで、世の中には 〈 穴の空いたパドル 〉 というのもあって、そちらでも叩かれたことがあります。これは、普通のパドルに比べて、痛みが数段強かったです。という記述をしていました。その時点では ...

【小説】 お買い物以外の駐車はケツ百叩き!

『お買い物以外の駐車はケツ百叩き!』イベント会場の近くにあるため、スーパーAでは、買い物客以外の駐車に悩まされていた。本来の利用客が車を停めることができず、大迷惑である。店主はついに策を打ち出した。「買い物以外の目的で車を停めるような悪い子は、ケツ百叩きだ!!!!!」今夜はイベント開催日。車でやってきたBさん(20代男性)は、いつものようにスーパーAの駐車場に車を停めようとして、新しく設置された看...

【(寄稿)小説】 ギョウ虫検査とケツピン棒

お尻にペッタンとセロハンを当てる、仄かに恥ずかしい感じのするギョウ虫検査。2014年現在では、小学校の1年生から3年生までの全児童を対象に実施されているようです。学校における健康診断の実施項目は、〈 学校保健安全法施行規則 〉の第6条で決められています。一 身長、体重及び座高二 栄養状態三 脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無四 視力及び聴力五 眼の疾病及び異常の有無六 耳鼻咽頭疾患及び皮膚疾患の有無七...

「おまえは悪い子だ!」 ~ルロイ修道士の危険信号~

中学校の国語の教科書は、現在、5つの出版社から出されています。(光村図書,東京書籍,三省堂,学校図書,教育出版)一番シェアが高いのは光村図書のものです。国語教科書の老舗ですね。その光村図書の中学3年生用の国語教科書に、井上ひさし氏の『握手』という小説が掲載されています。この作品は、中学3年の秋から高校生にかけての時期を、〈 光が丘天使園 〉という児童養護施設で過ごした主人公が、大人になってから、かつ...

【小説】 生徒指導主事の日曜日 ~家族でお花見へ~

( ※ 画像は今春どこかで撮影した桜です。以下はすべてフィクションです )1.生徒指導主事も家へ帰れば…4月最初の金曜日。すでに午後7時を過ぎているのだが、市立A中学校の職員室は、週明けの入学式・始業式を控えて、慌ただしい空気に包まれていた。保健体育科の教員で、生徒指導主事でもある大村勲(いさお)先生も、新入生へのガイダンスのための資料作りなどに奔走していた。「今年の新入生は、結構やんちゃな子が多いみ...

パドル / はたきの柄でケツ叩き

〈 パドル 〉 は、よくスパンキングで用いられる道具ですね。日本人の僕からすると、〈 家庭的なお仕置き 〉というのならば、(平手以外だと)〈 物差し 〉や〈 靴べら 〉や〈 布団叩き 〉 なんかがしっくり来ます。アメリカの人の場合、パパや先生からのお尻叩きのお仕置きと言ったなら、こうしたパドルを思い浮かべるのでしょうか。(英国紳士の場合は、やはり、〈 ケイン 〉 になるのかな?)パドルでお尻を叩かれている写真で...

布団叩きでケツ叩き

お尻叩きのお仕置きで使われる道具には色々あります。僕は平手が一番好きですが、道具の中では物差しが一番好きです。自室でセルフ・スパンキングをする際にも、平手と物差しを駆使します。道具の尻に与える威力には、お尻との接触面積が関係していると思います。接触面積が小さい道具ほど、痛みが強いような気がします。そういう観点から、最強(最凶?)の道具の1つにあたるのではないかと考えるのが、 〈 布団叩き 〉 で...

【(寄稿)小説】 すぐる大学編・第2便!

11月に第1便を公開した、『色柄を持たないパンツはく山崎すぐると彼の担任の中村大悟』 の すぐる・大学時代編ですが、このほど第2便が完成しました!原作者の太朗さんのHPへ、寄稿させていただいているので、以下のリンクから読みに行ってくださいね。日光さんの小説コーナー(太朗さんのホームページ内)今回新たに公開した分は、第5章~第7章です。塾講師の仕事を始めたすぐるの、中1の生徒達との関わりや、19歳のすぐ...

【小説】 新聞紙による手製〈 竹刀 〉にまつわる小編

新しい小説を完成させましたので公開します。タイトルは、『新聞紙による手製〈 竹刀 〉にまつわる小編』 です。K中シリーズ2年生編 の 第9回(I先生の剣道の授業) で書いた思い出(実話)から、妄想を膨らませて作り上げたお話です。拙い出来ですが、お楽しみ頂ければ嬉しいです。※ この小説はフィクションです。実在の人物などとは一切関係がありません。1.月曜日の2時間目、体育館にて「気をつけ!」「脱帽!」「2年3...

【小説】 飲酒の代償

新しい小説を完成させましたので公開します。タイトルは、『飲酒の代償』 です。初めての 〈 父子もの 〉 に挑戦してみました。38歳の父親と、16歳の息子のお話です。スパンキングの小説なので、お尻叩きのシーンがあります。また、僕の好きなキーワード 〈 父性愛 〉 が本作でも1つのキーワードになっているかもしれません。拙い出来ですが、お楽しみ頂ければ嬉しいです。※ この小説はフィクションです。実在の人物などとは...

しゃもじでケツ叩き

約4ヶ月前のことですが、「しゃもじ」でケツを叩いてもらう機会がありました。このブログで、まだそのことについて書いていなかったことに気づいたので、今更ながら記事を書いています。「しゃもじ」に興味を持ったきっかけは、日本で唯一(のはず)のスパンキング専門レーベル SPANK JAPAN から2008年に出された、『3年スパ組!! 熱尻先生』 というDVDです。この作品の中で、しゃもじでのケツ叩きのシーンがあって、「ああ僕...

ドラマ『体罰教室』 と ケツ竹刀

『体罰教室』という単発もののドラマをご存じでしょうか。 これは、1990年2月14日に、日本テレビ系列で放送されたもので、体罰で生徒を牛耳る体育教師の恐怖に耐えながら抵抗する中学女教師の奮闘を描いた作品です。内容はきわめて真面目で、提起している問題も多く、示唆に富んだものになっていると思います。なお、体育教師の役は佐野史郎が演じていました。※ ドラマの細かな情報については、以下のURLを参考にしましたhttp:/...

【(寄稿)小説】 友人の作品の別ストーリーを書き始めました

当ブログからもリンクを貼らせていただいている太朗さんが、今年の4月から6月にかけて執筆されていた、『色柄を持たないパンツはく山崎すぐると彼の担任の中村大悟』は、〈 スパンキング 〉的な意味でも、〈 白ブリーフ 〉的な意味でも、あるいは 〈 管理教育 〉 的な意味でも、かなり萌える作品に仕上がっていると思います。僕のブログの読者となって下さっている方であれば、大いに楽しめるのではないかと思います。中村大悟は...

【小説】 カンニングの罪と罰

短い作品ですが、1つ小説を完成させましたので公開します。タイトルは、『カンニングの罪と罰』 です。心の弱さから、カンニング行為に及んでしまった、根は真面目な中2の男の子(礒部くん)と、温厚で叱るのが苦手だけれど、心を鬼にして指導に挑むベテラン技術科教師(吉岡先生)の物語です。スパンキングの小説なので、お尻叩きのシーンがあります。また、僕の好きなキーワード 《 父性愛 》 が本作でも1つのキーワードにな...

野球観戦とセルフスパンキング 〜 黄金週間2013 〜

今年の黄金週間もあと2日となりましたね。僕は、5月2日〜3日にかけて大阪へ行ったくらいで、あとは特に何にもない日々となっております。大阪行ってしたことも野球観戦で、それも別に黄金週間じゃなくても行ってるしね。世間的にはわりとヘビーな野球ファンの部類にされてしまうんだろうしな、僕は。僕自身はそんなことこれぽっちも思ってないんだけどね。でもそれは、もっとド級にヘビーな人たちを知りすぎてるからだよね、き...

Appendix

プロフィール

日光(Nikkoh)

Author:日光(Nikkoh)
昭和末期生まれ、30代前半のゲイ(男に恋する男)です。
白ブリーフと白短パンとスパンキングが好きな変態で、いろいろ調べたり妄想したりしています。
このブログへは、それらのフェチに関する内容について書いた記事を格納していきます。
《 未成年者の閲覧を禁止 》します。
成人の方は、ご自身の判断と責任に基づいてご覧ください。
なお、当ブログには、

・ 現実の人間関係においての一切の体罰や暴力行為
・ 現実の教育における管理教育

を推奨する意図はありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。